ブログ | 東進ハイスクール 門前仲町校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール門前仲町校|東京都

ブログ 2021年08月の記事一覧

2021年 8月 31日 過去問演習の意義

 

こんにちは!

いよいよ八月も

終わりになりましたね。

 

皆さんはこの夏に

どれくらい本気で学習できましたか?

 

毎日妥協せず、

学習しきれましたか?

 

夏休みが終わる前に

この夏の学習を振り返ってみましょう。

 

 

これからの学習の

指針になるはずです。

 

 

明日から夏休みが終わる人も

 

多いと思いますが、

 

受験勉強は続いていきます。

 

 

 

そこで今回は

『過去問演習の意義』

について

 

書いていきたいと

思います。

 

 

この夏に第一志望の過去問を

解いた人が多いと思います。

 

 

『全然解けなかった・・・』

という人が多いのではないでしょうか。

 

 

最初はみんなそうです。

 

 

そこで大切になってくるのが、

『復習』

です。

 

過去問演習は第一志望校に

 

合格するための

 

一番の近道です。

 

 

その過去問を多く解いて

 

傾向を分析することで

 

自分の弱点や過去問の

 

攻略法が分かるように

 

なってきます!

 

 

夏以降も毎日を大切に

 

学習していきましょう!

 

夏もラストスパート!

頑張りましょう!

 

次は『集中力を高めるために』

というテーマで

高矢先生が書いてくれます!

おたのしみに~

 

髙橋

 

 

2021年 8月 30日 過去問演習の意義~森Ver~

皆さんこんにちは!

森です!

あと2日で8月も終わりますね

これからやっとすごいしやすい季節になるんですかね。。

そんなことはさておき、、、

今日は過去問演習の意義について話したいと思います

 

受験生のみなさんならある程度イメージできるであろう

過去問演習ですが

きっと低学年やこれから受験生をむかえる人

にとってはあまりピンと来てないかもしれません

東進では第1志望10年分を初め

それ以外の大学の問題も数年分解いていきます

個人差はありますが

僕の場合は合わせて30年分かそれ以上

過去問を解きました

 

過去問演習では

各大学の問題傾向をつかみ

具体的な戦略を立てていきます

ただ問題を解くだけではなく

過去問で出た苦手な部分を復習したり

できないことをできるに変えるまでが

過去問演習だと思います

 

そのために東進では

単元ジャンル別演習というシステムがあり

過去問演習の結果から1人1人にあった

問題を提案してくれて

大幅に過去問演習の効率効果を上げてくれます

 

先ほども言いましたが

過去問演習はただ問題を解くだけなく

実際の本番と同様の気持ちで臨み

その結果に本気で向き合うことが大事になります

 

受験生のみなさんは

これから向かえるであろう

受験のスパートを乗り越えて

に思いきり笑えるよう

頑張っていきましょう!!

 

低学年のみなさんも

先のことと思わず

できることは探せば

いくらでも出てくると思うので

これからの生活に少しでも多く

勉強の時間を確保できるようにしてください

 

それではまた次回お会いしましょう!!

次回は高橋夏希先生です!!

 

先日行ったイサム・ノグチ展での1枚

 

 

 

 

2021年 8月 29日 過去問演習の意義

 

こんにちは!
もう8月も終わりますね.
夏休み,充実したものになっていますか?
残り数日となった夏休み,
悔いのないものになりますように!

さて,今回のテーマは
「過去問演習の意義」
です!

過去問演習,進んでますか?
いままで
共通テスト,
第一志望校
と過去問を解いてきたと思います.

さて,ここで質問です

大学の過去問は
誰が作っているでしょうか?

 

答えは
あなたの行きたい大学の教授です.
大学の過去問は
言うなれば
大学の先生からのメッセージです.

この問題が解ける人がほしい,というものです
大学によっては教授の癖が出ている
過去問もあるそうです.

そんな教授からのメッセージ
雑に扱うようでは
合格することはできません.

決して簡単なものではありませんし,
最初はうまく得点できないかもしれません.
しかし,たくさん演習することには
必ず意味はあります!

これから第二志望校以降,
第一志望校2周目
とたくさん過去問演習することになります.

1つ1つ
大事なものと捉えて演習してくださいね!


明日のブログは引き続き
「過去問演習の意義」
で森先生です!

 



 

 

2021年 8月 28日 過去問演習の意義~田中ver~

お久しぶりです。

大学2年の田中優です。


最近は暑くて、家から出れない日々を送っています。

さて、みなさん。


過去問演習はどれくらいやっていますか?


今日は過去問演習の大切さについて話します。

そもそも大学の試験は

その大学に入って欲しい、その大学が求める人を見つけるために行っています。

この問題が解ける人、

この問題を考えて答えを導くことのできる人を

大学は求めています。

過去問には大学が求める生徒像が記されています。

だから、大学の過去問を解くということは

試験に合格するための1番の近道なのです。

過去問は初めは難しいと思います。

しかし、過去問を避けてばかりいると

大学の持つ傾向が分からず、

そのための対策に多くの時間を

割くことができません。

過去問から逃げずに

10年分達成

頑張ってください!!

応援しています!

 

明日は

富士原先生で

「過去問演習会の意義」

について話してくれます。

 

夜景は最高です。

 

 

2021年 8月 27日 過去問演習の意義~堀池ver~

みなさんこんにちは。

一年担任助手の堀池です。

夏もそろそろ終わってしまいますね。

みなさんはこの夏、

自分史上最高の夏にできましたか?

もちろん勉強の話です。

どちらにせよ、ここからは

なかだるみの時期です。

ここで頑張れなかったら

第一志望校合格は叶わないと思って、

残りの数か月頑張って勉強していきましょう!

さて、今回は「過去問演習の意義」です。

正直僕は、過去問演習が

合格のカギを握っていると思っています。

共通テストのように、

教科の基礎を問われるテストならいざ知らず、

私大や国公立二次試験ともなってくると

各大学で大きく違った特徴の問題が出題されます。

これの研究をおろそかにすると、

偏差値70ある生徒が

偏差値60の大学に不合格したり

反対に偏差値50の生徒でも

入念に過去問を研究すると

偏差値60の大学に合格することも可能になります。

それほど過去問研究は大切なものです。

もちろん各教科の基礎ができていることが

大前提ではありますが、

最終的に合否を分けるのはズバリ

過去問演習、研究です。

みなさんこのことを胸に刻み

これから過去問対策

頑張ってください!

明日は田中さんで

過去問演習の意義です。

 

お台場に行きました。